看護部について

総看護師長ごあいさつ

戸塚病院総看護師長佐々木 栄津子

戸塚病院は、「安心してかかれる医療機関がほしい」という住民の要求で、1953年戸塚町に診療所として設立しました。その後病院となり、1987年に汲沢町へ移転しました。現在は95床で病院の規模としては小さいですが、健診による予防活動から、外来・入院・在宅まで幅広く医療活動を展開し、地域の中で安心して暮らせるよう1人ひとりの患者さまに向き合ってきました。
患者の立場に立ち、患者の要求から出発し、患者とともにたたかうという3つの視点を重視し、安全・安心できる看護、生活と労働から疾病を総合的にとらえることができる看護、そして、人権を尊重し行動できる看護などを提供できるスタッフの育成を目指しています。そのため、技術向上だけにとらわれず、ラダーにそって、多方面からの教育を視野に研修を考えています。スタッフは新卒からベテラン、また、ママさんナースも多いので、個々のライフスタイルに合わせた勤務をお互いに受け入れながら協力し合い、私自身も患者様へ向き合う姿勢と同様に1 人ひとりのスタッフにも向き合うようにしています。
日々あきらめない看護をすることで、看護の可能性を一緒に広げていきませんか。

《民医連看護の3つの視点》

  • 患者の立場に立つ
  • 患者の要求から出発する
  • 患者とともにたたかう

《看護部理念》

患者さまの生命と権利を大切にし、
あたたかい、心の通う、質の高い医療・看護を提供します。

《医療福祉宣言》

  • いつも笑顔を忘れず、真心のこもった看護をめざします。
  • 正確で質の高い技術を身につけ、常に確認を怠らず、ゆとりを持って安全な看護を提供します。
  • 一人ひとりの患者さまが人として大切にされる看護をめざします。
  • 患者さまから学ぶ姿勢を忘れずに生活と労働を見据えた看護をめざします。
  • 患者さまの知る権利を大切にします。

医療・看護活動

在宅医療・継続看護
入院患者さまの退院前・退院後家庭訪問を実施し、退院した患者さまが快適に療養できるよう住宅環境、介護状況などを把握したうえで、的確なアドバイスをしていきます。
チームワーク医療
疾患だけをみるのではなく、患者さまの背景をとらえ、その患者さま全体を把握したうえで、医療を実践していきます。他職種のスタッフが意見交換を行い、患者さまに最適な医療・看護を追及しています。年4回行う全職種参加の症例検討会では、必要に応じて地域の医療・福祉・介護の方々に参加していただき、各々の立場で意見交換をしています。
医療生協
戸塚病院は医療生協の病院です。私たちは医療生協の組合員に支えられて医療活動を行ってきました。組合員は出資者、利用者、運営者となり、意見・要求をだし、病院スタッフとともに作りあげるという、みんなの病院をみんなで作るしくみで成り立っています。患者さまの意見を反映させ、患者さまが必要とするときにはいつでも、すぐに役に立てる、そんな病院であり続けたいと考えています。
開かれた医療・看護
安心・安全な医療をめざし、医療安全委員会・院内感染対策委員会・褥瘡対策チーム会議・倫理委員会を設置しています。インシデントレポートの報告の徹底、リスクマネージャーの配置、ミス・ニアミスの分析や業務改善策などを検討し、医療の質の向上に取り組んでいます。
ページの先頭に戻る