先輩メッセージ集

入職 1年目

こまめにフォローしてもらえるのは1年目の私にとって心強く、本当に働きやすい

高校時代に戸塚病院での職業体験で、看護師の仕事について教わりました。忙しい中でも優しく教えてくれる看護師さんたちが印象に残り、こんな優しい看護師になりたい、この人たちのそばで学びたいと思ったんです。1 年目の今はまだできることが少ないものの、日々教わって業務をこなし、少しずつ成長できてる、と手応えを感じながら頑張っています。一番好きなところは職場の雰囲気。先輩に相談しやすいんです。こまめにフォローしてもらえるのは1年目の私にとって心強く、本当に働きやすいですね。また、STやOT、医師、SWなどの他職種とも関わりやすいです。
毎週、他職種で話し合いをして患者さんをより理解し、退院後の生活まで考えていくので、患者さんを最後まで支えている実感があります。病院の規模が全95床なので、職員全員が顔見知りで一丸となっているのも好きなところ。勉強は大変かと思いますが、大変な分だけやりがいのある仕事なのでもう一息がんばっていきましょう。みんなで一緒に働けることを楽しみにしています。

この先輩の職場を見る

入職 4年目

患者さんとより深い関係性を築き、看護ができるのは魅力的

新卒のときに大学病院に勤めてみて、もう少しゆっくり働きたいと思いました。そんなときに戸塚病院を知り、慢性期中心で小規模な病院という点が自分の希望と合っていると感じたんです。ただ、1年目で大学病院を辞職することに技術・知識面での不安を感じましたが、ここでは新卒者と同じように教育を受けられるというので安心しました。卒業後の5年目まで寮の補助金が出て一人暮らしを始めやすいのも良かったです。働き始めてみると、患者さんの入れ替わりが急性期よりもゆっくりで。患者さんとより深い関係性を築き、看護ができるのは魅力的でした。私たちが患者さんの特徴を覚えるのはもちろんですが、私たちも患者さんに名前を覚えてもらえるんです。この距離の近さが、より看護へのやりがいを持たせてくれました。就職して4年、疾患や医療技術などを新しく知ることもまだまだ多いです。日々の学びを大切にして、個別性のある看護ができるよう努力していきたいです。看護師を目指す皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

この先輩の職場を見る

入職 10年目

プライベートで色々な立場や経験の人が働きやすく、個性を活かして看護ができる職場

20代の新人さんから60 代のベテランさんまで、看護師のチームワークがいいです。また、他部署のスタッフともすぐに顔見知りになれる規模で、医師・看護師・リハビリ・ソーシャルワーカーと患者さんの現状や方向性などの情報共有がしやすく、連携しやすいですね。地域包括ケア病棟では退院調整や指導など患者さんやご家族と関わることが多く、患者さんそれぞれに合った方法や指導を考え実践することが大事です。退院できるようになった時の顔や、退院後に元気がいいという様子を知ると励みになりますよ。
看護学校を卒業してから14年勤務して、その間3回産休を頂きました。妊娠中は力仕事を仲間が快く引き受けてくれ、育休明けも温かく迎え入れてくれ、子供の体調が悪くて急に休むことになっても残りのスタッフで力を合わせて穴埋めをしてくれたりと、いつも助けられました。今も始業開始時間が9時なので子供を送り出してから出勤できます。残業も少なく、子育てや介護など家庭と両立しやすいですね。プライベートで色々な立場や経験の人が働きやすく、個性を活かして看護ができる職場だと思います。

この先輩の職場を見る

診療所看護師

家族や患者さんからの「ありがとう」は魔法の言葉関わらせてもらえることに感謝の気持ちでいっぱいです

藤沢には包括病棟を持つ病院が無く、急性期ではないけれど自宅で看るには不安がある方の受け入れ先として、戸塚病院へと繋げています。外来だけでなく訪問診療の患者さんやご家族からも「すぐに受け入れてくれる入院先があるのは安心」と言って頂きます。診療所は患者さんとの距離が近い、とよく病院との違いを挙げられますが、始めから誰とでも近いのではなく通院される中で信頼関係を築きあげ距離を縮めています。患者さんとの話題は病気に限らず、日常生活からお孫さんの話、お嫁さんの愚痴、些細な悩みごとまで本当にさまざま。そこから患者さんの性格や価値観、生きがいなどが見えてきます。私も仕事と家庭との両立の大変さなどを話して「大変ね」「頑張って!」なんて励ましてもらったりも。そこから信頼関係が生まれ患者さんに必要な関わり方が見えてきて、その人のための看護につながると感じています。仕事でも子育てでも、誰かから必要とされ、誰かのために何かをしたいと思えることが私の生きがい。家族や患者さんからの「ありがとう」は魔法の言葉です。常に患者さんの人生を見せてもらい、その片隅に自分が関わらせてもらえることに感謝の気持ちでいっぱいです。藤沢診療所でも、患者さんのより良い人生のために何が必要なのかを日々みんなで話し合っています。スタッフ同士の距離が近くて大好きです。
看護の素質は優れた専門知識や技術ではなく、人が好きなことだと思います。看護学校では実習や友達関係で悩みもあると思いますが、人との関わりは嬉しい・楽しいだけでなく、悩み傷つくこともあるもの。どんな関わりでもまるごと受け止め、やっぱり人が好き!と思えるよう諦めず、一歩ずつ前に進んでいって欲しいですね。

この先輩の職場を見る

訪問看護師

みんな明るく楽しい雰囲気で、笑顔が絶えない職場

病院勤務から訪問看護師になって3年目になりました。利用者さんとそのご家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、かかりつけ医やケアマネージャーといった他職種と連携をとって幅広くサポートしています。以前との違いは時間に追われないこと。自宅での療養生活にじっくり寄り添い、お一人おひとりに合った看護の提供ができることです。訪問には基本一人で行くので、当初は正直なところ不安でしたが、いつもステーション内に飛び交う「いってらっしゃい!」「頑張って!」「運転気を付けてね」「おかえりなさい」「大丈夫だった?」などの言葉に支えられました。いつでも相談できるんだ!と思えたんです。みんな明るく楽しい雰囲気で、笑顔が絶えない職場ですね。
交替制勤務の時は不眠がちだったのが、今は残業がほとんどなく規則正しい生活に変わり、良眠できるようになったのも良かったです。そして、やっぱり利用者さんに「人として尊重した看護」ができるのは嬉しいですね。まだまだ訪問看護の経験が浅く学ばなければいけないこともたくさんありますが、スキルアップしていきたいです。在宅看護は実際にやってみて始めてわかることばかり。ぜひ一緒に訪問しましょう!

この先輩の職場を見る
ページの先頭に戻る